Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

Building Guides/ja

From ARK: Survival Evolved Wiki
Jump to: navigation, search

このページには、さまざまな構造コンポーネントを構築するためのガイドが含まれています。

土台の下げ方・上げ方のコツ[edit | edit source]

土台は、同じ高さでしかスナップすることができないため、不便な場合があります(特に凹凸のある地面に建物を建てたい場合)。建物に何か障害物がある場合には、以下のような方法で土台を下げたり上げたりすることができます(その他、スナップポイントを下げたり上げたりする必要がある用途にも使用できます)。

速い下げ方(最速かつ最もコストが低い方法)[edit | edit source]

  • ステップ 1 - 地面に柱を置きます。
  • ステップ 2 - 追加の柱を最初の柱のすぐ隣に置き(タイルの半分だけ離して)、下のスナップポイントを使用します
  • ステップ 3 - 最初の柱を破壊します(そうしないと、次の柱をさらに下げて置くことが難しくなります)
  • ステップ 4 - 最初の柱(ステップ1の)があった場所に新しい柱を置くと、2番目のスナップポイントが下がります。
  • ステップ 5' - ステップ 2の柱を破壊すると、元の位置に戻り、地面から2段低くなっています。
  • ヒント - 新しいアップデートを使用すると、失敗した場合に柱を短時間(厳密に言えば約30秒)取得できるようになります。

ゆっくりと下げる(一度に1つずつだけ必要な場合)[edit | edit source]

  • ステップ 1 - 地面に土台を置く
  • ステップ 2 - 土台に柱を置く
  • ステップ 3 - 土台を1番目の土台の隣に配置し、下のスナップポイントを使用します

上昇*[edit | edit source]

  • ステップ 1 - 地面に土台を置く
  • ステップ 2 - 土台の上に2本の柱を置きます
  • ステップ 3 - 上部の柱に2つの天井を並べて配置します
  • ステップ 4 - 2本の柱を2番目の天井(まだ柱のないもの)に置き、2番目の柱の上部スナップポイントを使用してください!
  • ステップ 5 - ステップ4の柱の隣に土台を配置します(隆起したスナップポイントを有効にするには、地面に到達できる必要があることに注意してください。

拡張スロープ[edit | edit source]

対称性はオプションです

まず第一に、一番下から始めて、完璧で段差のないスロープを作ることができるかもしれませんが、あなたはそれを崖から十分に遠くに出して、完璧に頂上に当たる角度を得るために試行錯誤の2日間を費やすことになるでしょう(Advanced Rampingを参照してください)。 第二に、Arkは常に更新され、改善されているので、このウォークスルーは変更される可能性がある。
上から始めて、簡単に構築できます。 スローフライングマウントまたは細心の注意とパラシュートの使用をお勧めします。
式は非常に簡単です。

3つの天井を下に、3つの天井を下に
  • 崖の上に土台を置く. これがスロープのベースになります。 あなたが望む傾斜路の幅のための十分な基礎を置くことができなければ、最初の基礎に天井を付け、それらの下に柱を置きます(柱は基礎としてカウントするために地面にすべての方法に達しなければなりません)。 はい、最初に柱を置いてから天井を置くことは、それをよりきれいに見えるようにしますが、それはまた、天井の高さを変更することはできません。 彼らは後で適切な柱の配置を確保するために最初に配置されるので、天井は最初のステップで最初に配置する必要があります。 柱は何かにスナップする必要があり、これはそうするための最も信頼性の高い方法です。 他のすべての方法は時間がかかり、より多くの材料と試行錯誤の大部分を使用しています。
隙間を気にしても、本当は美学にしか効果がない
  • エリアを調査. あなたの崖は最初は非常に急なのか、それとも緩やかなのか? 3本の柱を立てて、その柱に3つの天井をつけることができますか? 幅の広いスロープを作る場合は、スロープの片側(どちらか一方でも構いません)であれば問題ありません。 もし地面が急に傾斜していなければ、その下にサポートを設置することはできません。 十分に遠くまで構築することができますまで、天井や柱を使用して、出発点を大きくする必要があります。 それはあまりにも急に傾斜している場合...まあ、ゴッホ、それはこれがのために設計されているものだ!
  • 柱に3つの天井を下に、天井に3つの天井を作り、最後の天井に柱を組み立てます. これは、天井の最大範囲であるべきです。 それはあなたの柱よりも2つの天井を伸ばし(柱に取り付けられている最初の天井は数えないでください)、メインプラットフォームよりも3つ下の天井を配置する必要があります。 つまり、天井を配置する際には、拡張したものと上に置かれたものの間に2つの天井を収めることができるようにする必要があります。 あなたのランプが3つのランプ幅(ブロントサウルスを含むあらゆるサイズの恐竜を収容するのに十分な大きさ)である場合、あなたのランプの幅を横切ってさらに2つの天井を建設し、地面にもう一つの柱を建設する必要があります。 美観のために、これらの天井を後ろの柱に接続して、あなたがすでに作ったものと一致するように自由に感じるが、それは必要ありません。 より広いスロープを構築している場合は、中央に追加の柱を配置する必要があるかもしれません(再び、地面にすべての方法)。
  • 3つの天井を外に出し、3つの天井を下にして、一番外側の天井・角に地面まで柱を取り付けていきます。. 天井は、交差するスロープを追加する前に作成する必要があります。 最初にスロープを配置すると、スロープと交差する天井を取り付けることができないため、スロープを続行できなくなります-それらは「妨害されます」。 ランプは、しかし、邪魔になるものを気にしません。 彼らは傾斜路であり、彼らが望むことをします。
  • スロープの追加. あなたのランプが以前のランプではなく、天井に接続されていることを確認してください。2つのスロープを降りて、天井の小さな段差を作り、さらに2つのスロープを降りるようにします。そうしないと、天井がスロープから突き出てしまい、スムーズな上昇を妨げることになります。ランプは基礎のサポートを必要とする前に3つまで拡張することができますが、これはあなたのランプが1つの幅しかない場合にのみ動作します。 底部に到達したら、「基礎サポートなし」のために配置したくないランプの後ろに柱を置くだけで、別の天井の足場を構築しなくて済むようになります(合わないかもしれません)。 既存の天井にこれらの柱をスナップし、地面にすべての方法を構築することができます。

完了です。

ヒントとコツ[edit | edit source]

地面に到達することを拒否する柱を持っている人のために...これを行う2つの方法。

  • 地面が不均一で、1つの柱が十分に長くない場合-短すぎる柱を破壊し、上の柱に取り付ける代わりに地面に取り付けられた柱を構築します。 配置する前に、強調表示された柱が「その上にある柱にぴったりとはまる」ことを確認してください。 曲がった柱は機能しない場合があります! 接続する必要はありません。接続はすべてが揃うようにするためのものでした。
  • 地面がかなり平らで、近くに他の柱があり、地面に達している場合-短すぎる柱を破壊し、上の柱に取り付ける代わりに地面に取り付けられた柱を構築します。 ハイライト表示されたピラーが、「ピラーが隣接していることを確認して、所定の位置に収まる」ことを確認してから、配置して正しく整列させてください。 曲がった柱は機能しない場合があります! 「柱は別の柱に非常に近く、またはより遠くにスナップできます」、それが整列していることを確認してください!

適切に配置することを拒否する柱、天井、または傾斜路の場合。

  • 別の場所に移動し、その位置から試してください。 最終的には、角度がちょうどいいスイートスポットが見つかり、オブジェクトを簡単に配置できます。

高度なランピング[edit | edit source]

エピックランプ

このようなスロープを作るのは、すべて計算です。 天井と交互の建築材料は測定とカウントの目的のためにあります、天井は上のアンカーを除いて、完成したランプに実際には必要ありません! どんなスロープでも、それは上から下に構築され、天井/基礎とアンカーで固定されなければなりません。

このガイドは、自分の柱を配置する方法を理解できることを前提としています。 ヘルプが必要な場合は、拡張ランプのTips and Tricksを参照してください。

  • 滑らかな傾斜路は、7つの傾斜路、7つの天井/基礎、および11の柱の高さごとに繰り返されます(ベースの柱が地面の半分の場合、10で繰り返すことができます)。 天井と1つの天井(上部アンカー)、5つの天井、7つの天井を交差させることができます。

交差させることができない場合は、ランプが天井によって遮られるのではなく、天井がランプによって遮られることを忘れないでください。 急な斜面、でこぼこの崖、またはそれをランプアップするために必要なその他のものがあれば、いくつかの変更を加えた通常の拡張ランプのようなものから始めます。 最終的には、材料効率が大幅に向上し、全体の時間が短縮されます。

  • 崖の上に土台を置く - 柱も使用できます。 崖の上部に、希望のスロープの幅に等しい、等間隔に配置された柱の数を設定します(「注意してください。間隔が不均一になる可能性があります。2つのギャップオプションのうち大きい方が必要です!」)。
  • 崖のふもとに柱と天井の階段を作る - 崖のベースは、ランプを着陸させたい高度でなければなりません。 現時点では、階段の幅は1本の柱である必要があります。 それが3つの基盤の広い傾斜路である場合、中間の基盤から階段を構築し、多くのトラブルを回避します。 最終的な結果として、多くの足りない階段があるまっすぐな階段が考えられます。 新しいグラップリングフックは、崖を下って懸垂下降し、長い滝に支柱を配置することをはるかに安全にします。 ここで天井が必要になるのは、崖から次の柱を出せない場合のみです。 天井に合わせて!
  • あなたの崖は何本の柱の高さを数える - あなたの階段はこれを簡単にする必要があります。 高度の単位あたり複数の柱を数えないでください。 柱は壁のように配置するのではなく、その上の柱の中に埋め込むことに注意してください。 高さが3本の柱には、2本の柱しかありません。 予備の柱を使用し、オブジェクト配置ハイライトを使用して懸垂下降しました。 2つが同じ高度になるまで、上から天井を作成し、ランプの基部から柱を構築することもできます。

あなたはあなたの崖が高い柱の数を持っています。 数学の部分です。

単語の問題、除算[edit | edit source]

  • ステップ 1a - あなたの垂直柱の数が11で均等に割れる場合、おめでとうございますあなたはすべてのランプの中で最高のランプを持っています。 11本の垂直柱ごとに、トップアンカーから離れて6本の柱のサポートを構築する必要があります(アンカーの柱をカウントしていません)。 ステップ4にスキップしてください。
  • ステップ 1b - 垂直方向の柱番号が11で割り切れても、11より大きい場合は、すべてが失われるわけではありません。 11未満の場合は、ステップ2aに進みます。 とにかく、垂直の柱を11で割り、残りの部分に注意してください。 最初のピラーサポートを配置する方法については、ステップ1aを参照してください。
  • ステップ 2a - 垂直の柱の「残り」が6で割り切れる場合、2番目に優れた傾斜路になります。 既存の支柱サポートから離れた4つの支柱サポートを構築する必要があります。
  • ステップ 2b - 垂直のピラー remainder が6で割り切れる 'not' であり、xより大きい場合、最悪の仕事になります。 6未満の場合は、ステップ3aに進みます。 それを6で割り、残りに注意してください。 ピラーサポートの次のバッチを配置する方法については、ステップ2aを参照してください。
  • ステップ 3a -垂直の柱の残りは1から4の間でなければなりません。 そうでない場合は、必要のないステップをスキップしました。 Goをパスしないでください。 200ドルは集めないでください。 戻って修正してください。 その場合は、ステップ3bに進みます。
  • ステップ 3b - 垂直柱の残りが2以下の場合は、ランプを完成させます。追加のサポートは必要ありません。 垂直支柱の残りが3の場合は、支柱サポートを1つ追加します。 4つなら2つ置く。
  • ステップ 4 - あなたはこれまでにそれを成し遂げました、数学whiz。 あなたがこのゲームをプレイしていることについてあなたの両親が文句を言ったら、数学を勉強するのにいくつかの単語の問題だと彼らに伝えてください。 実際、このガイドを数学の先生に見せて、追加の単位を取得できるかどうかを確認してください。

はい、これをより数学的に表現することもできました。 はい、おそらくそれらを方程式として書き出すことができたでしょう。 そのための時間は誰にもありません。 退屈で、ステップ4の数学の先生との特別なクレジットが必要な場合は、分数セクションなどを自由に追加してください。

  • ランプを構築する - 上部から始めて、下にズームします。

外部リソース[edit | edit source]

  • Building Guide Video: 天井を突かずに柱を立てる方法、天井を遠くまで伸ばす方法、ViewModesの使用